インフォメーション

2012年10月

【判例】過労自殺、8,000万円で和解/宮崎、自治体職員の訴訟初   [2012.10.31]

【厚労省:メールマガジン労働情報/862号】

宮崎県新富町の職員の女性が自殺したのは、長時間労働を強いられたの

  が原因として、両親が町に約9,300万円の損害賠償を求めた訴訟は24日、

  町が8,000万円を支払うことなどを条件に宮崎地裁(島岡大雄裁判長)で

  和解した。(共同通信)

  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20121031.htm

 

【キャリア】30代で管理職登用も/東電、12月にも年俸制   [2012.10.31]

【厚労省:メールマガジン労働情報/862号】

東京電力は成果に応じて賃金が変動する「年俸制」を12月にもすべての

  一般社員に導入する方針を固め、25日までに労働組合に提案した。福島第

  1原発事故後は若手を中心に人材流出が続いており、優れた人材をつなぎ

  とめるのが狙い。優秀な社員は30代で管理職に登用して処遇する。

  (共同通信)

  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/kigyo/20121031.htm

【高齢法】【高齢者雇用】高齢法改正への対応 約4割の企業が「貢献度を処遇へ反映」   [2012.10.31]

【厚労省:メールマガジン労働情報/862号】

経団連は25日、「2012年人事・労務に関するトップ・マネジメント調査

  結果」の概要を発表した。それによると、高齢者雇用安定法の改正に伴い

  必要となる対応について「高齢従業員の貢献度を定期的に評価し、処遇へ

  反映する」と回答した企業が44.2%にのぼっている。

  http://www.keidanren.or.jp/policy/2012/075.pdf

 

【非正規雇用】3人に1人が臨時・非常勤等職員と概算推計/自治労調査   [2012.10.31]

【厚労省:メールマガジン労働情報/862号】

地方自治体の職員や公共民間労働者等を組織する、自治労(徳永秀昭

  委員長、約83万6,000人)は29日、記者会見を開き、「臨時・非常勤等

  職員の賃金労働条件等制度調査」の結果(中間まとめ)を公表した。

  自治体の職員全体に占める、いわゆる非正規職員の割合は33.1%と約3人

  に1人にのぼっており、これを全国の自治体に当てはめて推計すると、

  臨時・非常勤等職員数は概算で70万人を超えているとみられることなどを

  明らかにした。

  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/roushi/20121031.htm

 

【高齢者雇用】希望者全員が65歳まで働ける企業48.8%   [2012.10.24]

【厚労省:メールマガジン労働情報/860号】

働省は18日、2012年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)の

  集計結果を公表した。これによると、希望者全員が65歳以上まで働ける

  企業の割合は前年比0.9ポイント上昇の48.8%だった。

  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002m9lq.html

 

【求職者支援】求職者支援制度による職業訓練の就職状況を公表   [2012.10.24]

【厚労省:メールマガジン労働情報/860号】

厚生労働省は23日、求職者支援制度による職業訓練の就職状況を公表し

  た。2012年3月末までに終了した各訓練コースの就職率は、基礎コース

  71.7%、実践コース73.0%となっている。

  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002mj8x.html

 

 

【キャリア】【女性活用】専業主婦世帯の収入二極化と貧困問題   [2012.10.24]

【厚労省:メールマガジン情報/860号】

◇ディスカッションペーパー 12-08『専業主婦世帯の収入二極化と貧困問題』

 

   世帯収入が貧困ライン以下でありながら、専業主婦でいる子育て女性の

  人数は全国で55.6万人に上ると推計されます。仮に、彼女たちが全員パート

  就業できていれば、専業主婦世帯全体の貧困率は最大で7.3ポイント下が

  ると見られます。働きに出られない専業主婦がなぜこれほど多いのかを

  探りました。

  http://www.jil.go.jp/institute/discussion/newest.html

 <論文記事>

http://www.jil.go.jp/institute/discussion/2012/documents/DP12-08.pdf

 

【メンタルヘルス】都内中小企業を対象に「第3回メンタルヘルス推進リーダー養成講座」   [2012.10.19]

【厚労省:メールマガジン情報/859号】

東京都は2012年度「第3回 メンタルヘルス推進リーダー養成講座」を

  10月30、31の両日、都内で開講する。2日間のカリキュラムの中でメンタ

  ルヘルスに関する基礎知識や企業の取り組み事例を学び、企業内でメンタ

  ルヘルスを推進するリーダーを養成する。対象は、都内中小企業で自社の

  メンタルヘルス業務に携わり、かつ推薦を受けた人。

  http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1208/0011.html

 

【IT企業】中小ITベンダー企業の優れた人材育成の仕組みを表彰/IPA   [2012.10.19]

【メールマガジン労働情報/859号】

情報処理推進機構(IPA)は10日、中小ITベンダー企業の優れた人材

  育成の取り組みを表彰する「中小ITベンダー人材育成優秀賞2012」の受賞

  企業を発表した。優秀賞に富士通ミッションクリティカルシステムズ、

  MS&ADシステムズの2社を選定した。

  http://www.ipa.go.jp/about/press/20121010_2.html

 

【キャリア】【女性活用】日本企業の女性管理職割合4.6%/経済同友会   [2012.10.19]

【厚労省:メールマガジン情報/859号】

経済同友会は16日、女性管理職・役員の登用・活用状況を尋ねたアンケート

  調査の結果によると、課長級以上の女性の割合は、OECD加盟国の企業

  が30%を超えているのに対し、日本の企業では4.6%と極端に低かった。

  http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2012/121016a.html

 

サービス案内

  • 就業規則
  • 助成金
  • 両立支援
  • 労務サポート

SRPⅡ認証を受けています

SRPⅡ認証

当事務所は全国社会保険労務士連合会よりSRPⅡ認証を受けています。

SRPⅡ認証は、個人情報保護についての適切な取り扱いに加え、マイナンバーに対応した安全管理措置が講じられていることを認定基準としています。

関連サイト

インフォメーション【一覧はこちら】

事務所案内

社会保険労務士法人
ソフィア横浜人事サポート

代表:島本たか子

電話:045-900-7060
直通:090-3598-2078
FAX:045-345-3095
メール:info606@sofia-sr.jp

【新事務所】
 〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-7-18
エキスパートオフィス新横浜
(ブルーライン「新横浜」7番出口より徒歩1分)

社労士倫理綱領

キャリア・コンサルティング
協議会倫理綱領

プライバシーポリシー

関連リンク

対応強化エリア

対応エリア

  • 横浜エリア
    (港北区、都筑区、青葉区、緑区ほか)
  • 川崎エリア
  • 東京23区
  • 神奈川

近隣

  • 港北ニュータウン
  • 新横浜、センター北、センター南
  • 日吉、高田、北山田、東山田
  • あざみ野、中川
  • 青葉台、新石川、荏田、市ヶ尾、たまプラーザ
  • 仲町台、新羽、北新横浜
  • 横浜、桜木町、関内
  • 伊勢佐木町、吉野町、蒔田、上大岡