インフォメーション

【労働保険】平成27年4月より労働保険料が改定される予定です   [2014.12.23]

【労働保険】労働保険料の改定 平成27年4月施行予定

労働政策審議会は、平成26年10月に諮問していた「労働保険の保険料徴収等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案要綱」に対し、12月15日に「妥当」とする答申をしました。

この省令案要綱は、労災保険率の改定などを主な内容としています。労災保険率は、厚生労働大臣が業種ごとに定めており、それぞれの業種の過去3年間の災害発生状況などを考慮し、原則3年ごとに改定しています。
 厚生労働省は、答申を踏まえ、平成27年4月1日の施行を目指し、省令改正作業を進めます。

【改正省令案のポイント】
〇労災保険率等の改定
全54業種平均で 0.1/1000 引下げ( 4.8/1000 → 4.7/1000 )
全業種中、引下げとなるのが23業種、引上げとなるのが8業種

〇第2種、第3種特別加入保険料率の改定
全18区分中、引下げとなるのが8区分、引上げとなるのが5区分
海外派遣者の特別加入に係る第3種特別加入保険料率を 4/1000 から 3/1000 に引下げ

〇労務費率の改定

〇請負金額の取扱いの改正及び労務費率の暫定措置の廃止
請負金額には、消費税額を含まないものとする。
賃金総額の算定に当たり、請負金額に108分の105を乗じている暫定的な措置を廃止

<例>

・その他建設事業の保険料は、1000分の19から1000分の17に引下げられます。

<参照:労災保険率新旧比較>

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11401000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Rousaikanrika/0000068067.pdf

 

サービス案内

  • 就業規則
  • 助成金
  • 両立支援
  • 労務サポート

SRPⅡ認証を受けています

SRPⅡ認証

当事務所は全国社会保険労務士連合会よりSRPⅡ認証を受けています。

SRPⅡ認証は、個人情報保護についての適切な取り扱いに加え、マイナンバーに対応した安全管理措置が講じられていることを認定基準としています。

関連サイト

インフォメーション【一覧はこちら】

事務所案内

社会保険労務士法人
ソフィア横浜人事サポート

代表:島本たか子

電話:045-900-7060
直通:090-3598-2078
FAX:045-345-3095
メール:info606@sofia-sr.jp

【新事務所】
 〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-7-18
エキスパートオフィス新横浜
(ブルーライン「新横浜」7番出口より徒歩1分)

社労士倫理綱領

キャリア・コンサルティング
協議会倫理綱領

プライバシーポリシー

関連リンク

対応強化エリア

対応エリア

  • 横浜エリア
    (港北区、都筑区、青葉区、緑区ほか)
  • 川崎エリア
  • 東京23区
  • 神奈川

近隣

  • 港北ニュータウン
  • 新横浜、センター北、センター南
  • 日吉、高田、北山田、東山田
  • あざみ野、中川
  • 青葉台、新石川、荏田、市ヶ尾、たまプラーザ
  • 仲町台、新羽、北新横浜
  • 横浜、桜木町、関内
  • 伊勢佐木町、吉野町、蒔田、上大岡