事務所だより2020年3月号を発行しました   [2020.03.09]

■ 注目トピックス

高齢者雇用と雇用保険免除特例の廃止について
労働力人口が減る中、人材確保の面でも高齢者雇用は重要な課題となります。雇用保険の改正や継続雇用制度など、高齢者雇用にまつわるポイントを解説します。

 

■ 特集

有給休暇の1日分の給与計算方法
年次有給休暇の5 日時季指定義務が始まり、有給休暇の賃金計算に迷う場面が増えてきました。法律が定める有給取得日の給与計算方法について解説します。

「身元保証書」に記載すべき損害賠償額の上限について
民法の改正により2020 年4 月から入社時の「身元保証書」に損害賠償額の上限記載が義務付けられます。法改正の解説と「身元保証書」の注意点について取り上げます。

 

■ 話題のビジネス書

世界「倒産」図鑑(荒木 博行 著)
“先人たちの苦闘から学びを深める”誰もがその名前を知っているような大企業が、これまでに幾つも倒産の憂き目に遭ってきました。細かく分類される倒産のパターンを、実際の企業に結びつけて解説します。

 

★事務所だより3月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年2月号を発行しました   [2020.02.17]

■ 注目トピックス

スグに使える社員向けSNS 使用ガイドライン
Twitter などのSNS での社員の不適切な投稿が問題になる前に、会社が求めるSNS 使用方法を伝える機会を作りましょう。コピーしてすぐに使えるSNS 使用マニュアルを紹介します。

 

■ 特集

働き方改革のファイブフォース分析
「働き方改革時代」の真っ只中にあって、労働者はこれからどのような働き方を戦略的に選んでいくべきかについて、有名な「ファイブフォース分析」を使って考察します。

時効延長後の未払い残業代シミュレーション
民法改正に伴い、2020 年4 月から労働法における賃金債権の時効がまず3 年に延長されそうです。時効延長により未払い残業代リスクがいくら増えるかを試算します。

 

■ 話題のビジネス書

イマドキ部下のトリセツ(麻野 進 著)
ほんの少し強めに注意したら会社にこなくなったり、飲み会に過剰な拒否反応を示したり……そんなイマドキの若い世代と上手く歩調を合わせられない方も多いのではないでしょうか。ゆとり世代を超えて「さとり世代」とも呼ばれる現代の若者との付き合い方を紹介します。

 

★事務所だより2月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年1月号を発行しました   [2020.01.08]

■ 注目トピックス

今、注目すべき「マタハラ裁判」
東京の語学スクールで起きているマタニティーハラスメントを巡る裁判で、被告側の企業の勝利に覆った高裁判決が注目を集めています。内容について解説します。

 

■ 特集

パート社会保険適用の今後
パートタイマーへの社会保険適用範囲のさらなる拡大が議論されています。遠くない将来、中小企業のパートタイマーも社会保険加入が義務付けられることになる見込みです。

テレワークを活かす業務プロセスの見直し
政府が推進する在宅勤務などのテレワークは次第に普及しているものの、労働環境整備が追いついていないケースも多く見られます。テレワークをうまく機能させるための業務プロセス見直しについて考察します。

 

■ 話題のビジネス書

「仕事ができる」とはどういうことか?(楠木 建・山口 周 著)
「この人は仕事ができる」「この人が来たからもう大丈夫」このような感覚を生んでいるものの正体こそが「センス」なのです。センスとは一体何なのでしょう。そして、どうすれば身につけることができるのでしょうか。

 

★事務所だより1月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年12月号を発行しました   [2020.01.08]

■ 注目トピックス

厚生労働大臣が定める「パワハラ指針」案について
パワーハラスメントの具体的な定義や事業主が講じる雇用管理上の措置の具体的な内容を定めるため、厚生労働大臣の「指針」を策定すべく検討が行われています。

 

■ 特集

年末調整かんたんQ&A
源泉所得税の年末調整時期になりました。年末調整の仕組みを社員の方にわかりやすく伝えられるよう、その意味合いと関連事項についてQ&A 形式で解説します。

年功型給与を成果型給与に変える際のポイント
年功序列型の給与体系から成果型の給与制度に変更する際、既存社員からの反発が予想されます。違法な不利益変更と言われないためには何に気をつければよいでしょうか。

 

■ 話題のビジネス書

世界一やさしい問題解決の授業(渡辺 健介 著)
日常に溢れる様々な問題を解決するために、多くの人は頭を悩ませているのではないでしょうか。い
くつかの重要なポイントを押されば、問題解決の効率は劇的に変化します。

 

★事務所だより12月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年11月号を発行しました   [2020.01.08]

■ 注目トピックス

自己都合退職はなぜ2 週間前でいいのか
2020 年4 月民法改正により、労働者側からの退職の申し出についての期限が改正されます。より労働者有利な改正となるため事前の理解が必要です。

 

■ 特集

同一労働同一賃金Q&A
2020 年4月より同一企業内における正社員とパートタイム労働者・有期雇用労働者との間の不合理な待遇差が禁止されます。判断基準の具体例をQ&A 形式で紹介します。

障害者法定雇用率について
一定規模以上の企業には障害者を雇用する義務があります。障害者雇用義務について定められた「法定雇用率」について解説します。

 

■ 話題のビジネス書

相手を巻き込む伝え方(鵜川 洋明 著)
「伝えたいことはたくさんある。でも、上手く伝えられない」。業務上の提案や仕組みの説明など、自分の頭の中を正確に相手に伝えるのは意外と難しいものです。筆者が提唱する「提案の構造」という理論を軸に、相手を巻き込む伝え方を読み解いていきましょう。

 

★事務所だより11月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年10月号を発行しました   [2019.10.29]

■ 注目トピックス

最低賃金2019
2019 年の地域別最低賃金は例年よりも大幅に上昇しました。都道府県ごとの金額とともに、最低賃金チェックの方法について解説します。

 

■ 特集

自然災害時の対応マニュアル
9 月の大型台風襲来によって関東圏の通勤に大きな影響がありました。そんな中出社する会社員が駅に長蛇の列を作っている光景が話題にもなりました。自然災害時の対応マニュアルについて考察します。

休日を振り替えたときの残業代計算について
残業規制の流れが今後ますます強まってくる中、正しい残業代計算をすることは重要な労務リスク対策となります。誤解しがちな振替休日と残業代について解説します。

 

■ 話題のビジネス書

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。(ほぼ日刊イトイ新聞 著)
日本を代表する企業・任天堂の元社長である岩田聡さん。「ゲーム人口の拡大」をテーマに掲げ、日本だけではなく世界中に愛されるゲーム会社をつくり上げた岩田さんの言葉や想いをご紹介します。

 

★事務所だより10月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年9月号を発行しました   [2019.09.19]

■ 注目トピックス

副業した時の労働時間管理のこれから
副業を容認する企業が増える中、従業員が複数の会社で働く場合には、これまでと異なる労働時間管理が求められることがあります。副業した場合の残業代と併せて解説をします。

 

■ 特集

「雇入時の健康診断」と「定期健康診断」の関係
労働安全衛生法で実施義務のある「雇入時の健康診断」について、定期健康診断と混同しがちです。それぞれの健康診断の実施時期、並びに検査項目について解説します。

ハラスメントの傾向と対策
ハラスメントが起こる傾向を分析し、企業としてどのような対策ができるかを考察します。

 

■ 話題のビジネス書

カリスマ予備校講師が初公開!感動する説明「すぐできる」型(犬塚 壮志 著)
相手を感動させる説明スキルを身につけることは、「笑い」を取りにいくことより何倍も簡単。本書では、笑いのセンスがゼロでも話し下手でも、人の心を動かす説明ができる「型」を紹介しています。

 

★事務所だより9月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年8月号を発行しました   [2019.08.26]

■ 注目トピックス

残業代計算で間違えがちな3つのこと
働き方改革の流れから残業に対する世間の目がより厳しくなっています。残業代の計算ミスを指摘されないよう、間違えがちなポイントについて解説します。

 

■ 特集

#KuToo 運動に見るドレスコードのこれから
職場でのヒール、パンプス強制をなくそうという「#KuToo 運動」が注目を集めています。労働環境をより良いものにするためのドレスコードについて考察します。

その契約は本当に業務委託契約か
多様な働き方が認められてくるなか、「雇用契約なのか、業務委託契約なのか」の判断に迷うことがあります。両者の違いについて解説します。

 

■ 話題のビジネス書

アジャイル型人事マネジメント(髙山 正 著)
アジャイルとは「俊敏な」「すばやい」という意味の言葉です。元々はソフトウェア開発で使われていた言葉ですが、最近では人事部門においても耳にすることがあります。アジャイル型人事マネジメントとはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

★事務所だより8月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年7月号を発行しました   [2019.07.24]

■ 注目トピックス

未払い残業代請求の時効が5年に延長されたとき
民法改正に伴い、未払い残業代請求の時効が5年に延長する見通しです。内容を解説するとともに、時効が5 年になったときの影響について考察します。

 

■ 特集

カネカ事件が示す育児と労務管理のこれから
化学メーカーのカネカにおいて、育児休業明けの男性社員が転勤を言い渡されて退職した事件が騒動になっています。現代の育児休業への対応について考えます。

今更聞けない在職老齢年金の仕組み
金融庁が「年金だけでは老後資金が足りないから自助努力を」と発言したことが話題になっています。廃止も検討されている在職老齢年金について解説します。

 

■ 話題のビジネス書

学びを結果に変えるアウトプット大全(樺沢紫苑 著)
テクノロジーの進歩によって、多くの企業は「自社のビジネスの中心線」を考え直す必要に迫られました。現代の目まぐるしい変化に取り残されないための「儲けの仕組み」についてご紹介します。

 

★事務所だより7月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年6月号を発行しました   [2019.06.19]

■ 注目トピックス

パート、アルバイトへの有給休暇の与え方
働き方改革の流れで「パート、アルバイトにも有給休暇」が当たり前の時代になっています。人材確保の観点からも非正規雇用者に対する有給の与え方を整理しましょう。

 

■ 特集

年度更新・算定基礎の仕組みについて
労働保険年度更新および社会保険算定基礎届の時期が近づいてきました。年1 回のこれらの手続きについて、改めて内容を解説します。

社員を疑うコスト、信じるリスク
社員のサボりや不正を防ぐために監視をすることにはコストがかかる一方で、無計画に信用することにもリスクがありそうです。最適な信用と疑いのバランスについて考察します。

 

■ 話題のビジネス書

図解 うまくいっている会社の「儲け」の仕組み(株式会社タンクフル 著)
テクノロジーの進歩によって、多くの企業は「自社のビジネスの中心線」を考え直す必要に迫られました。現代の目まぐるしい変化に取り残されないための「儲けの仕組み」についてご紹介します。

 

★事務所だより6月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

サービス案内

  • 就業規則
  • 助成金
  • 両立支援
  • 労務サポート

SRPⅡ認証を受けています

SRPⅡ認証

当事務所は全国社会保険労務士連合会よりSRPⅡ認証を受けています。

SRPⅡ認証は、個人情報保護についての適切な取り扱いに加え、マイナンバーに対応した安全管理措置が講じられていることを認定基準としています。

関連サイト

インフォメーション【一覧はこちら】

事務所案内

社会保険労務士法人
ソフィア横浜人事サポート

代表:島本たか子

電話:045-900-7060
直通:090-3598-2078
FAX:045-345-3095
メール:info606@sofia-sr.jp

【新事務所】
 〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-7-18
エキスパートオフィス新横浜
(ブルーライン「新横浜」7番出口より徒歩1分)

社労士倫理綱領

キャリア・コンサルティング
協議会倫理綱領

プライバシーポリシー

関連リンク

対応強化エリア

対応エリア

  • 横浜エリア
    (港北区、都筑区、青葉区、緑区ほか)
  • 川崎エリア
  • 東京23区
  • 神奈川

近隣

  • 港北ニュータウン
  • 新横浜、センター北、センター南
  • 日吉、高田、北山田、東山田
  • あざみ野、中川
  • 青葉台、新石川、荏田、市ヶ尾、たまプラーザ
  • 仲町台、新羽、北新横浜
  • 横浜、桜木町、関内
  • 伊勢佐木町、吉野町、蒔田、上大岡