事務所だより2020年8月号を発行しました   [2020.08.03]

■ 注目トピックス

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは
会社から休業手当を受けることができない労働者向けの個人給付制度が7 月10 日に開始されました。内容について解説します。

 

■ 特集

解雇の際に気をつけたい「法律」と「プライド」
ミスマッチや能力不足、協調性欠如などの理由でやむをえず労働者を解雇する際に注意すべき「法律」と「プライド」について考察します。

雇用保険関係法改正の予定
新型コロナウイルス感染症に関する情報に埋もれていた雇用保険関係の法改正情報について取り上げます。

 

■ 話題のビジネス書

カイタイ新書 - 何度も「買いたい」仕組みのつくり方(中川 悠 著)
大切なのは、買わせることではなく買いたくなること。今の時代に求められている「売るための努力をしない努力」とはどんなものなのでしょうか。何度も「買いたい」と思わせる仕組みづくりについて紹介します。

 

★事務所だより8月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年7月号を発行しました   [2020.08.03]

■ 注目トピックス

社会保険算定基礎届の注意点
例年通り算定基礎届の届出時期になりました。今年は新型コロナウイルスの影響により計算方法に注意すべき点があります。

 

■ 特集

「つながらない権利」について考える
新型コロナウイルスの影響でテレワークが増えたことにより、時間関係なくメールやメッセンジャーで仕事をする機会が増えました。話題の「つながらない権利」について考察しました。

リモート会議の進め方
新型コロナウイルスの影響で、日本中でにわかにリモート会議の機会が増えました。場所に縛られない便利さがある反面、「議論が散らかる」「目線が合わない」などの弊害も見られます。リモート会議をどのように進めると良いでしょうか。

 

■ 話題のビジネス書

メタ思考トレーニング(細谷 功 著)
メタ思考とは「物事を1 つ上の視点から考える」ことです。言葉自体や重要性は知っていても、適切に実践できている人は少ないのではないでしょうか。本書ではメタ思考を実践するための具体的な方法を解説しています。

 

★事務所だより7月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年6月号を発行しました   [2020.08.03]

■ 注目トピックス

社会保険料猶予について
新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に厚生年金保険料等を納付することが困難となった企業に向けて、厚生年金保険料等の納付の猶予(特例)制度が発表されました。

 

■ 特集

コロナ後の採用・評価・労務管理について
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、従来の日本型雇用慣行が大きく変化することが予想されます。after コロナやwith コロナの人事労務管理について考察します。

労働保険の年度更新期間の延長について
本年度の労働保険の年度更新期間について、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、中小事業主について6月1 日から3 ヶ月の期間に延長されました。

 

■ 話題のビジネス書

苦しかったときの話をしようか(森岡 毅 著)
ビジネスマンであり父でもある著者が、1 年以上にわたって書き溜めた、我が子が人生に迷った時のための虎の巻。それは子どもだけではなく、キャリアや生き方に悩む全ての人の役に立つ本質的なノウハウでした。

 

★事務所だより6月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年5月号を発行しました   [2020.08.03]

■ 注目トピックス

休業要請と休業手当
感染症拡大防止のために都道府県から休業要請を受けた場合、社員に対する給与補償はどうすれば良いでしょうか。

 

■ 特集

雇用調整助成金の書類簡素化について
新型コロナウイルス感染拡大を受けて、4 月10 日に雇用調整助成金の申請書類が大幅に簡素化されました。基本的な申請ルールと簡素化したポイントについて解説します。

おさえておきたい基本手当(失業保険)の計算式
感染症拡大の影響を受けて失業を余儀なくされたとき、離職者に支給される雇用保険はどのように計算されるかについて解説します。

 

■ 話題のビジネス書

頭のよさとは「説明力」だ(齋藤 孝 著)
「説明」とはあらゆる場面で必要とされるものです。相手を深く納得させるためには、いくつかの要素に着目してスキルアップを図る必要があります。長年にわたって「説明」を大学生に指導してきた筆者による一冊を紹介します。

 

★事務所だより5月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年4月号を発行しました   [2020.08.03]

■ 注目トピックス

新型コロナウイルスに関連した賃金の支払いについて考え方を整理します。
感染症拡大を受けて、賃金の支払いで迷う場面が出てきました。新型コロナウイルスに関連した賃金の支払いについて考え方を整理します。

 

■ 特集

歩合給与の残業代計算について
残業上限規制に関連して、歩合給与の残業代の計算方法が適切であるかの確認を改めて行いましょう。

令和2 年度の協会けんぽの保険料率改定について
協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率が本年3月分(4 月納付分)から改定されました。

 

■ 話題のビジネス書

遅いインターネット(宇野 常寛 著)
世の中のあらゆる「速度」を決定的に上げたインターネット。速度の向上に留まらず、利便性も格段に高くなっています。しかし、その速度が生み出した様々な弊害も見過ごせません。速すぎるインターネットとの向き合い方について読み解いてみましょう。

 

★事務所だより4月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年3月号を発行しました   [2020.03.09]

■ 注目トピックス

高齢者雇用と雇用保険免除特例の廃止について
労働力人口が減る中、人材確保の面でも高齢者雇用は重要な課題となります。雇用保険の改正や継続雇用制度など、高齢者雇用にまつわるポイントを解説します。

 

■ 特集

有給休暇の1日分の給与計算方法
年次有給休暇の5 日時季指定義務が始まり、有給休暇の賃金計算に迷う場面が増えてきました。法律が定める有給取得日の給与計算方法について解説します。

「身元保証書」に記載すべき損害賠償額の上限について
民法の改正により2020 年4 月から入社時の「身元保証書」に損害賠償額の上限記載が義務付けられます。法改正の解説と「身元保証書」の注意点について取り上げます。

 

■ 話題のビジネス書

世界「倒産」図鑑(荒木 博行 著)
“先人たちの苦闘から学びを深める”誰もがその名前を知っているような大企業が、これまでに幾つも倒産の憂き目に遭ってきました。細かく分類される倒産のパターンを、実際の企業に結びつけて解説します。

 

★事務所だより3月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年2月号を発行しました   [2020.02.17]

■ 注目トピックス

スグに使える社員向けSNS 使用ガイドライン
Twitter などのSNS での社員の不適切な投稿が問題になる前に、会社が求めるSNS 使用方法を伝える機会を作りましょう。コピーしてすぐに使えるSNS 使用マニュアルを紹介します。

 

■ 特集

働き方改革のファイブフォース分析
「働き方改革時代」の真っ只中にあって、労働者はこれからどのような働き方を戦略的に選んでいくべきかについて、有名な「ファイブフォース分析」を使って考察します。

時効延長後の未払い残業代シミュレーション
民法改正に伴い、2020 年4 月から労働法における賃金債権の時効がまず3 年に延長されそうです。時効延長により未払い残業代リスクがいくら増えるかを試算します。

 

■ 話題のビジネス書

イマドキ部下のトリセツ(麻野 進 著)
ほんの少し強めに注意したら会社にこなくなったり、飲み会に過剰な拒否反応を示したり……そんなイマドキの若い世代と上手く歩調を合わせられない方も多いのではないでしょうか。ゆとり世代を超えて「さとり世代」とも呼ばれる現代の若者との付き合い方を紹介します。

 

★事務所だより2月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2020年1月号を発行しました   [2020.01.08]

■ 注目トピックス

今、注目すべき「マタハラ裁判」
東京の語学スクールで起きているマタニティーハラスメントを巡る裁判で、被告側の企業の勝利に覆った高裁判決が注目を集めています。内容について解説します。

 

■ 特集

パート社会保険適用の今後
パートタイマーへの社会保険適用範囲のさらなる拡大が議論されています。遠くない将来、中小企業のパートタイマーも社会保険加入が義務付けられることになる見込みです。

テレワークを活かす業務プロセスの見直し
政府が推進する在宅勤務などのテレワークは次第に普及しているものの、労働環境整備が追いついていないケースも多く見られます。テレワークをうまく機能させるための業務プロセス見直しについて考察します。

 

■ 話題のビジネス書

「仕事ができる」とはどういうことか?(楠木 建・山口 周 著)
「この人は仕事ができる」「この人が来たからもう大丈夫」このような感覚を生んでいるものの正体こそが「センス」なのです。センスとは一体何なのでしょう。そして、どうすれば身につけることができるのでしょうか。

 

★事務所だより1月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年12月号を発行しました   [2020.01.08]

■ 注目トピックス

厚生労働大臣が定める「パワハラ指針」案について
パワーハラスメントの具体的な定義や事業主が講じる雇用管理上の措置の具体的な内容を定めるため、厚生労働大臣の「指針」を策定すべく検討が行われています。

 

■ 特集

年末調整かんたんQ&A
源泉所得税の年末調整時期になりました。年末調整の仕組みを社員の方にわかりやすく伝えられるよう、その意味合いと関連事項についてQ&A 形式で解説します。

年功型給与を成果型給与に変える際のポイント
年功序列型の給与体系から成果型の給与制度に変更する際、既存社員からの反発が予想されます。違法な不利益変更と言われないためには何に気をつければよいでしょうか。

 

■ 話題のビジネス書

世界一やさしい問題解決の授業(渡辺 健介 著)
日常に溢れる様々な問題を解決するために、多くの人は頭を悩ませているのではないでしょうか。い
くつかの重要なポイントを押されば、問題解決の効率は劇的に変化します。

 

★事務所だより12月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

事務所だより2019年11月号を発行しました   [2020.01.08]

■ 注目トピックス

自己都合退職はなぜ2 週間前でいいのか
2020 年4 月民法改正により、労働者側からの退職の申し出についての期限が改正されます。より労働者有利な改正となるため事前の理解が必要です。

 

■ 特集

同一労働同一賃金Q&A
2020 年4月より同一企業内における正社員とパートタイム労働者・有期雇用労働者との間の不合理な待遇差が禁止されます。判断基準の具体例をQ&A 形式で紹介します。

障害者法定雇用率について
一定規模以上の企業には障害者を雇用する義務があります。障害者雇用義務について定められた「法定雇用率」について解説します。

 

■ 話題のビジネス書

相手を巻き込む伝え方(鵜川 洋明 著)
「伝えたいことはたくさんある。でも、上手く伝えられない」。業務上の提案や仕組みの説明など、自分の頭の中を正確に相手に伝えるのは意外と難しいものです。筆者が提唱する「提案の構造」という理論を軸に、相手を巻き込む伝え方を読み解いていきましょう。

 

★事務所だより11月号をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

サービス案内

  • 就業規則
  • 助成金
  • 両立支援
  • 労務サポート

SRPⅡ認証を受けています

SRPⅡ認証

当事務所は全国社会保険労務士連合会よりSRPⅡ認証を受けています。

SRPⅡ認証は、個人情報保護についての適切な取り扱いに加え、マイナンバーに対応した安全管理措置が講じられていることを認定基準としています。

関連サイト

インフォメーション【一覧はこちら】

事務所案内

社会保険労務士法人
ソフィア横浜人事サポート

代表:島本たか子

電話:045-900-7060
直通:090-3598-2078
メール:info606@sofia-sr.jp

【所在地】
 〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-30-1
プレミアヨコハマ3F
(市営地下鉄「センター北」徒歩1分)

社労士倫理綱領

キャリア・コンサルティング
協議会倫理綱領

プライバシーポリシー

関連リンク

対応強化エリア

対応エリア

  • 横浜エリア
    (港北区、都筑区、青葉区、緑区ほか)
  • 川崎エリア
  • 東京23区
  • 神奈川

近隣

  • 港北ニュータウン
  • 新横浜、センター北、センター南
  • 日吉、高田、北山田、東山田
  • あざみ野、中川
  • 青葉台、新石川、荏田、市ヶ尾、たまプラーザ
  • 仲町台、新羽、北新横浜
  • 横浜、桜木町、関内
  • 伊勢佐木町、吉野町、蒔田、上大岡